なんでもプリントできる

名刺やカレンダーまで

プリント

印刷会社というと、普通に暮らしていると接することはあまりないかもしれません。しかし、同人誌印刷サービスは、出版社が本を作るための印刷会社ではありません。中小の業者が多く、主に同人誌を制作する一般向けにサービスを展開しています。これらは漫画、小説等の同人誌を作る人たちにとってなくてはならないもので、また、それ以外の人にとってもとても使いやすく便利なサービスなのです。例えば、趣味の集まりや地域のイベント、スポーツチームなどでオリジナルグッズを制作したいと考える時、配布するためのチラシや小冊子を綺麗に作りたいと思った時、同人印刷サービスを使えばクオリティの高い仕上がりが得られます。同人印刷サービスは、オンデマンド印刷というデータから直接印刷をする技術が進んだことにより、原稿から版にして印刷を行うという複雑な工程を挟む必要がなくなりました。そのため、安価で少部数から、難しい作業を必要することなく、オリジナルグッズや同人誌などの印刷物を作ることができるのです。オリジナルの本やグッズ、印刷物の制作は、デザインを行い、原稿をパソコン上で仕上げる技術があれば、後はデータを送るだけです。各業者ごとにデータの規格や納品日に合わせて締め切りが決まっているので、その日を過ぎないように必要なデータを揃え、申込をします。本の場合ならそれこそ紙の種類や綴じ方などで、様々なオプションが揃っており細かな要望に対応しています。初心者にも丁寧にサポートしてくれるところが多いので、初めての制作でも問い合わせながら進めていくと良いでしょう。

様々な方法から選べて便利

CMYK

素敵な同人誌を作りたいなら、できるだけ早く業者に印刷を依頼する事をおすすめします。印刷業者は早割キャンペーンを行っている場所が多いからです。また、早めに印刷を頼む事で同人誌即売会等に余裕を持って製本した同人誌を持っていく事ができます。また、今人気のあるジャンルによってはその作品やジャンル別にお得なキャンペーンを行っている業者もありますので、自分が出したい同人誌が今話題になっている作品ならさらにお得に、そして豪華な同人誌を印刷できます。このキャンペーンですが、一日締め切りを伸ばす事ができたり、余分に無料で何十冊も印刷できたり、プレゼントが付いてきたりと様々です。同人誌を業者に依頼するにはいくつかの方法があり、好きなものを選べます。アナログでもデジタルでも書くための方法は問いません。まずはインターネットを使う方法です。この方法は24時間自分の好きな時に、大量の原稿を入稿できるのが魅力です。また、自宅はもちろん外でも送る事ができます。友人宅等で仕上げた原稿をそのまま自宅に帰らずに入稿可能です。近くに業者がある場合は持ち込みができる場所がほとんどです。事前に予約をしておく事で確実に渡せますので、まずは電話やメール等で連絡をしておく事をおすすめします。直接業者の人にどういう本にしたいのか伝える事ができるのが魅力です。なかなか業者に手渡しできないという人やインターネットを使って原稿を送る事ができないという人は郵送可能です。この時、原稿が汚れたり折れたりしないようにしっかりと頑丈にしてから送りましょう。

売り上げのアップにも

カラーチャート

同人誌とは、同じ趣味や趣向を持つ人が資金を出し合って作る冊子で、内容の多くは漫画や小説となっています。もちろんその原稿も自分たちで作ることになりますし、しかもそれを1ページずつ印刷し、綴じたり表紙や背表紙などを取り付けたりするので、同人誌の制作には多くの手間暇がかかります。そのことから多くの同人作家が、原稿作成までは自力で行いますが、印刷は業者に任せています。業者なら、専用の機器を使用することで、印刷も装丁も手早く進めることができるからです。もちろん印刷の精度も高いので、カラー原稿を使った表示や裏表紙も、色鮮やかに美しく仕上がります。印刷料金は、ページ数にもよりますが、100部印刷する場合で1冊あたり約200円となっています。しかし同人誌の多くはイベントなどで売りに出されるので、売値をうまく調整すれば、印刷料金を賄うことができる上、利益を得ることも可能となります。さらに印刷料金は部数が多いほど安くなり、たとえば500部の場合は1冊あたり100円程度になるのです。売れ行きが良く大量に売りに出す同人誌の場合、それだけ低コストで多くの利益を得ることができるわけです。そして売れ行きは、内容はもちろんですが、装丁の美しさにも左右されます。内容が良くても装丁に問題があり読みにくい状態となっていれば、同人誌の売れ行きは悪くなってしまうのです。そのため業者による印刷は、同人作家の利益を増やすためにも活用されていると言えます。