印刷方法に迷った時には

様々な選択肢

冊子

昔は一部の人だけの楽しみだった同人誌も、最近ではイベントも多く同人誌を取り扱うお店も増えているので誰でも簡単に手に入れることが出来るようになっています。そんな同人誌を見ているうちに、ただ見ているのではなく自分でも作ってみたいと感じている人もいるでしょう。しかし、実際に自分で同人誌を作る場合には考えなければならないことがたくさんあります。特に初心者にとってどのような印刷方法にすれば良いのかは迷うことが少なくありません。同人誌を作るにあたってもっとも簡単でお金もかからないのはコピー本です。印刷会社を利用するのではなく自分でコンビニなどでコピーをして製本して作る同人誌です。制作費用も安くなるので敷居も低く、初心者でも手を出しやすい同人誌となっています。しかし、せっかくだからしっかりとした本にしたいという場合にはオフ本という選択肢もあります。印刷会社を利用してオフセット印刷機で印刷を行って作る同人誌であり、仕上がりも綺麗で記念として自分の手元に残す際にも満足することが出来ます。コピー本と違って費用がかかるのが問題ですが、モノクロなどで色を少なくしたり紙の質を下げるなど工夫をすることで費用も安くすることが出来ます。印刷会社を利用するということもあり、オフ本の場合には締め切りがありますのでイベントまでに間に合うかどうか確認は必要です。また、最近では個人で持てるプリンターの性能も上がっていますのでプリンター本という選択肢もあります。

まずは少部数から

印刷

自分たちで作った同人誌を売り買いする、日本の同人誌文化は独自の発展をしています。大規模な同人誌イベントにはたくさんの人が集まり、その市場規模に企業も多く出店するほどです。漫画を読み、描く人もそれだけ多く、若い人にも自分の漫画を本にしてみたいと思う人は多いのではないでしょうか。自分の漫画を同人誌にするためには、まずは原稿を用意しましょう。昔は原稿用紙にペンで描く必要がありました。現代ではPCを使って制作をする人も多いです。デジタルでも、原稿用紙でもかまいません。制作は楽しいものですが、完成までにはとても苦労するでしょう。なんとか原稿を作り上げることができたら、印刷業者へ依頼をします。この時、原稿がデータであればオンデマンド印刷、原稿用紙であればオフセット印刷を選ぶことになります。どちらも規格やサイズが決まっています。印刷業者によっても違うのでよく確認して下さい。原稿用紙は郵送、持ち込みで、データならばメールへの添付などで印刷所へ送ります。初心者で、ある程度PCが使える環境であればオンデマンド印刷がおすすめです。まず、圧倒的に費用が低価格で済みます。また、少部数から印刷が行えるため、在庫を抱える心配が少ないです。費用が抑えられた分、紙質やデザイン、印刷方法などに凝ることもでき、自由度が高いです。また、本には表紙があります。書店で売っているような本の場合は、カバーがかけられ、タイトルが書かれており、イラストなどが入っています。帯がついていることもあります。これらも印刷業者で行うことが可能です。表紙の印刷を、白黒、カラー、二色などで選ぶこともできます。これらもまずはできるだけシンプルなものから始めて、こだわりたいポイントを見つけていくと良いでしょう。

商品とサポート体制

本を読む人

アニメ関連のサークルからの、数百部程度の注文を積極的に受け付けているのが、同人誌に特化した印刷会社の特色です。高校生のグループからの注文も多いために、同人誌専門の印刷会社は、顧客向けのサポート体制の充実にも積極的です。ウェブ上で同人誌作成の基礎知識を紹介している印刷会社も多く、顧客からのメールによる問い合わせへの対応も懇切丁寧です。イラストの仕上がりが美しい、オフセットがメインの業者が取り組んでいるのは、少部数の同人誌作成に最適なオンデマンド印刷の受注です。10部からオンデマンドの注文を受け付けている業者もあり、1万円程度の予算でも、質の高いサークルの機関誌が作れるでしょう。そしてアニメなどのサークルの活動は多岐にわたっており、印刷会社はグッズの作成などの、商品やサービスのラインナップの充実にも意欲的です。団扇やマグカップなどのグッズを発注するサークルも多いですが、とりわけ注文件数が増えているのは、オリジナルのポスターです。イベント会場で大型のポスターを掲示すると、サークルの存在感を高められるので、同人誌の売り上げアップにも直結するでしょう。また低予算で冊子類を作成したいと希望するサークルが多い一方で、特殊加工を施したハイグレードなプランへの需要も大きいです。箔押しやエンボス加工が代表的なオプションメニューですが、試し刷りサービスを活用して、仕上がりにも徹底的にこだわるのがポイントです。